友情協会について

親善協会について


 

イスラエルと日本の外交関係が始まってたった4年後の1956年にイスラエル日本親善協会は設立されました。

 

会社員かつ外交官のモシェ・べジャラノ氏、初期議長の一人だったK・モスバーグ氏、弁護士で親善協会の協会定款を立案したラム・ソロモン氏によって設立されました。

 

何年もの間、両国の文化的交流が深まり、経済的関係が促進されるにつれ、協会の定款は必要に応じて更新され、イスラエル日本親善協会・商工会議所が設立されたのです。

 

イスラエル日本親善協会はイスラエル日本親善協会・商工会議所の一部で、イスラエル人に日本とその文化をより知ってもらうために設立された、正式に登録された協会です。

 

商工会議所の会員権は主に日本とすでにビジネス関係のある、または今後構築する予定の会社員を対象にしています。

 

それに対し、親善協会の会員権は日本とその文化に興味のある人全てが対象です。協会の会員には、芸術家、知識人、日本文化に関するさまざまな話題に関心のある人などがいます。


 

イスラエル日本親善協会の活動内容


 

  • イスラエルでの日本文化の学習と理解の促進。

  • イスラエル人と日本人の社会的、文化的交流の発展。

  • 映画、講習、展示会など日本文化を対象にしたさまざまな行事の開催。

  • 日本での文化学会との関係構築・維持。

  • 日本とイスラエルの知識人、学者、芸術家等との会議の開催。

  • 在イスラエル日本大使館と協力して、大使館で日本についての講習会を行う文化の金曜日の企画および開催。

  • 日本文化について学習するためのヘブライ語のウェブサイトwww.japangeo.org.ilの更新。

 

TEL:

FAX:

+972-3-5164748

ADDRESS:

29 HaMered St, P.O.B. 43, Tel Aviv 6812511

EMAIL:

FOLLOW US:

  • Facebook
  • YouTube
  • LinkedIn